FC2ブログ
Run@Paris 巴里の乱 パリのラン ジョギング マラソン トレイルランニング
パリでジョギング マラソン トレイルランニング ランニングブログ。 大いに乱れても、ゴールを目指します。夢は、ツール・ド・モンブラン、そしてサハラマラソン。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランニンググッズ :ハートレートモニター・心拍計 @ Lidle
心拍計付き時計を購入しました。マラソンやジョギングなどランニング用です。

夕方の激安スーパーは、仕事を終えて、お買いものをする人で賑っていました。今日発売なのに、予想通り、かなり売れているようです。

最近ジョギングを始めて、リーボックのシューズをそろえた同僚の分と2ヶ購入。急にジョギングをして突然死をさけるため、初心者や年配の方には、心拍計は、安心してランニングを楽しむには、今や必要なものですね。

僕の場合は、適正なトレーニングの質を維持するために使用しています。
心拍計で負荷のかかり具合を意識してチェックしてしないと、ついつい楽して、ゆっくりとしたペースで走ってしまい、記録が伸び悩んでしまいます。まったくいけない性格です。


日本でも普及してきているようですが、フランスの方が市民ランナーの利用は早かったように思います。実際、在仏の僕も2004年ぐらいから使用していますし、購入したのは、スポーツ用品専門店ではなく、今回と同じディスカウントスーパーのLidleでした。
いかに一般のランニングや自転車愛好家に、心拍計が浸透しているかがわかりります。(リドルとかライドルとかフランス人は発音してます。)

同じエンデュランス系(長距離耐久系)のスポーツであるロードバイクの競技人口が、日本に比べて圧倒的に多いことを考えると、ハートレートモニターのマーケットがより大きいのも当然といえるかもしれません。

意外かもしれませんが、精神論で頑張るフランス人も身近にも、見受けられますが、主観的、フィーリングなものより、心拍計という客観的で、科学的根拠に基づいて、自分を追い込むようなトレーニングの方が、合理主義者が多いフランス人には向いているのかもしれません。


そう考えると、フィンランドのPolar やSunntoなどのヨーロッパの心拍計メーカが、世界的にシェアーをとっていることをもうなずけます。心拍時計に関しては、世界的なランニングブームの中、欧州のメーカに、IPodのような勢いを感じます。

この分野では、日本は後れをとっているようですが、時計メーカの技術やデジタル技術は、一流でしょうから、医療用心拍メーカと提携でもして、この分野で日本メーカにも頑張ってほしいものです。

個人的には、今回購入した心拍計時計に、GPS+温度計+コンパス+MPプレーヤ+携帯+デジカメ+ビデオが一台でコンパクトにおさまっていて、リーズナブルな価格なら即購入です。
似たようなスペックのものが、出てきていますが、市民ランナーには、まだまだ高価なので、今後、低価格化とスペックアップ、軽量化に、期待したいものです。


パリジョギング 心拍モニタ Lidle 心拍モニター時計

本日のランニンググッズお買いもの
心拍計付腕時計:
パリ16区スーパ「リドル」
価格 24ユーロ99
仕様:
心拍数(リアルタイム、平均、最大)
時計機能(日時、曜日)
ストップウオッチ
ラップタイム
走行距離
走行速度
歩数
電池交換化(リチウム、メーカによっては交換不可もあります。)
心拍アラームトレーニング機能など。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://runparis.blog66.fc2.com/tb.php/21-8e384a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。