Run@Paris 巴里の乱 パリのラン ジョギング マラソン トレイルランニング
パリでジョギング マラソン トレイルランニング ランニングブログ。 大いに乱れても、ゴールを目指します。夢は、ツール・ド・モンブラン、そしてサハラマラソン。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリジョギング: サルコジ大統領ベルサイユジョギング中に不調で入院。
「フランス共和国サルコジ大統領が、ジョギング中に体調を崩し、病院へ搬送。」

ツールドフランス最終日に、パリに凱旋したツールの選手たちを一目見ようと、コンコルド広場近くで待っていたら、MPプレイヤーのFMから、そのニュースが飛び込んできました。

ニュースによるとヴェルサイユ宮殿の公園で45分ほどジョギングした後に不調を訴eたとか。
ジョギングとともに自転車の愛好家でもあるサルコジさんもてっきり、ツールのゴール付近の貴賓席で観戦しているのかと思っていたので、びっくり。最初は、テロか?と思っちゃいました。

「サルコジさん入院」パリマッチの同日記事

7月3日の健康診断で正常だったとか。ミッテランさんやポンピドーさんなど歴代の大統領が病気を隠して、執務していたこともあり、大統領の健康管理について、周りのフランス人でも討論がみられます。

日本の場合はどうでしょう。ドラマ的には、健康が政治生命を左右するなんて、構図がありますが、こちらでも同じかも。健康であるイメージはやはり大切みたいで、洞爺湖サミットでもジョギングしていましたね。

Jogging sarkozy
*自宅の近くの本屋さんには雑誌「VSD」の広告にも「サルコジからオバマまでの健康方法についての記事が。

さすが大統領。今回ジョギング中でも、近くで待機していた大統領府の医師が、一次救命し、パリのヴァルドグラス陸軍病院へヘリコプターで搬送。血液とMRI検査を行って、正常だったものの、念のため一泊入院。夏になるとバカンスで歯医者だろうと内科だろうと休診になり、途方にくれたことも一度ならずあるけれど、大統領の緊急時の待遇は、当たり前だけれど大いに違うんですね。


退院は、さすがに徒歩。
翌朝、元スーパーモデルで歌手の奥さんと手をつないで自宅まで帰ったと報道されていました。
54歳でも若いのは、ジョギング効果か?それとも若い美しい奥さん効果か?
スポンサーサイト

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://runparis.blog66.fc2.com/tb.php/34-f5f1cd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。